筋肉を鍛える際には、筋繊維を傷つけてその筋繊維がより強く太く再生する機能を利用しています。しかし、その際に栄養素が足りないと筋繊維の回復力が弱まり、貧血になったりする可能性もあります。これを補うサプリメントとしては一般的にプロテインが有効ですが、プロテインの成分の多くはタンパク質です。人間の体はたしかにタンパク質がその主な成分なのですが、それを補助するマグネシウムやカルシウムやトリプトファンがあります。これらの成分がタンパク質の補助をして、その吸収をサポートすることによって人間の体は健康的であることができます。なので筋トレの際にもその効果が人体にトータルで影響を及ぼすということを知っておいた方が良いでしょう。
筋トレをすることで筋肉が肥大化するということは多くの人が知っていることで、筋トレの主な目的は筋肥大です。ダイエットのために筋トレを行う場合もあるのですが、それでも脂肪を燃焼させながら筋肥大をしてより引き締めることが目的になります。しかし、筋トレは体全体にプラスの影響をもたらす最強な運動であるということはあまり知られていません。知られてはいるかもしれませんが、なんとなくプラスの効果があるというくらいの認識でしょう。しかし、そのレベルではなく、圧倒的に健康や美容に貢献します。まず全身の代謝や血流を改善し、美肌や内臓の改善に貢献します。更年期の人でも十分に筋肥大は可能で、肝臓が悪い人がそれを改善することにも役立ちます。明らかに異常なほどの筋肥大のさせ方をしない限りは筋肉はつければ付けるほど健康には有利です。食事に関しては意識的に増やしてまで筋肥大させる必要はないのですが、有酸素運動を一切行わなくても、通常の食事量で筋トレを継続するとかなり切れのある体になってきます。これに関しては普段の食事の量で筋肉の大きさが決まってきます。普段から食べる量の多い人は脂肪の燃焼は遅くなるのですが、筋肥大するのでだんだん筋肉が大きくなりながら締まっていきます。なので脂肪がなくなって筋肉質な体になるにも時間はかかります。そして食事の量が少ない場合は、筋肥大は多少なのですが、脂肪の燃焼スピードが早くなるので、細身の状態で切れのある体になります。
よく細マッチョとゴリマッチョを比較する際に有酸素運動と無酸素運動で比較する人がいるのですが、少しその認識はずれている可能性があります。細マッチョとゴリマッチョの違いは筋量なので、運動の質が違うわけではないです。そして有酸素運動は遅筋を強化しますが速筋を燃焼させます。遅筋というのは外見に影響を与えません。要するに有酸素運動は摂取カロリーを相殺するための運動ということです。なので、食事量が少なくて無酸素運動のみを行うと細マッチョになりますし、食事量が多くて無酸素運動を行うとゴリマッチョになります。食事量が多くても有酸素運動を行うと食事量が少ない状態になるということです。