筋肉をつけてメリットのない人というのはほとんどいないでしょう。
しいて言えばファッション性を重視して筋トレはしたくないという場合はあるでしょう。
しかし、筋トレのメリットは日本で一般に認知されている以上にすさまじいです。

 

まず全身の代謝や血流が高まるので、全身の機能が高まります。
全身の機能というのは肌や内臓などです。
もちろん関係しない部位もあるのですが、代謝に関する体の部位には効果絶大です。
肌のトラブルや内臓の不調というのは基本的に筋トレが効果的といっても過言ではないでしょう。

 

これにはadhdもbcaaも関係なく、どんな人にも当てはまることです。
プロテインなどのサプリメントは筋トレをした後のタンパク質の補給が主な目的です。
筋肉は当然タンパク質でできているので、その栄養素が無ければ肥大化できないです。
筋トレによって破壊した筋繊維に栄養を与えることによってより強く太い筋肉を作っていきます。

 

サプリメントは栄養素なので、特に副作用というものはないです。
またホルモンバランスをサプリメントが直接的に変化させるということはありません。
筋肉が肥大化することによって結果的にホルモンバランスが変わったり、
腎臓の働きが良くなるということはあります。

 

ダイエットをしたいという場合にどのようにするのかというのがありますが、
無酸素運動を取り入れることがおすすめです。
食事制限はバランスよく行うことが必須で、
有酸素運動に関してはどちらでも良いでしょう。

無酸素運動を優先した方が良い理由というのは、
成長ホルモンや代謝の観点です。

 

体重を減らすということで言うと、
筋量が増える分有酸素運動の効果に劣りますが、
代謝や成長ホルモンで痩せることは体のバランスを良くします。

 

有酸素運動で痩せた場合は速筋が肥大化していないので、
皮膚が内側から支えられずに垂れてくる可能性があります。
また、代謝や血流が上がらないので、
体型に合わせて皮膚が収縮するスピードが落ちます。

 

せっかく痩せたのに皮が余っているという状況を避けるためには、
脂肪の燃焼と同時に皮膚を収縮していく必要があるのです。
そのためには代謝と血流の改善が必須で、
そのためには筋トレがもっとも有効です。

 

このような事情があるので、
無酸素運動は絶対に行った方が良く、
さらに脂肪燃焼を加速させたい場合には
有酸素運動を行うということになります。

 

しかし、よほど太っているという状況でなければ
無酸素運動による筋肥大の影響で十分に脂肪は燃焼されますし、その方が良いです。
有酸素運動は脂肪燃焼の効率は良いのですが、
代謝が上がらず速筋が落ちてしまうという状況で
疲労に対して成長ホルモンが出ないので単に疲れた状態になります。

 

また時間効率が悪いというのがあります。
無酸素運動は一気に負荷を掛けるのですぐに終わりますが、
有酸素運動は時間がかかります。
弱い負荷でだらだらやっても脂肪燃焼の効果しか得られないうえに、
辞めるとリバウンドしやすいでしょう。

 

ディープチェンジHMB

トップページへ戻る